ぶらぶらある記
aojiroh.exblog.jp
  ブログトップ
マナーと呼ばれるものについて
2006年 05月 22日 |
横殴り MPK 詐欺 暴言
それらのものはNEXON社の規約などではなく
個人の意思によってなりたっています。

b0098246_1236378.jpg


問題発言の画像

この日は某横erが1人で姉御をやっていたそうです。
この姉御は放置のところ某横erが狩ると湧いたそうで
そのMPKされた方が横殴りと言う形で報復した、と述べている発言です。

「横殴りをしているのだから逆にされても文句はないだろう」

しかしこの日はそう言っていました。
この方は以前に
「横はされたらウザイな、とは思うけど楽しかったらいいの。
まぁ自分がしようとは思わないけど」

と言っていました、が・・・MPKされると怒り狂って集団で報復していました。

以前より思っていたことが今回、色々な方に相談させていただき
この件もあって色々と自分なりの答えが出ました。
これに関して自分の考えを述べさせて頂きますと

今まで横殴りをされたからと言ってその人に横殴り
という形で報復するのは当たり前、という考えはあまりに幼稚だと思います。

横殴りは規約などの問題ではなく
一種の道徳の問題だと自分は思っています。
「自分がされて嫌なことは、他人にはしない」
これは当たり前のことですよね。

眠気で何を書いてるかちょっと分からなくなって来ましたが
今日はマナーと呼ばれるものに関して自分の思うなりに書いてみました。

名前伏せまくりな上に文才がないので読みにくいと思いますがご勘弁を。
[PR]
<< No Title ページトップ 晒しageウマー >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon