ぶらぶらある記
aojiroh.exblog.jp
  ブログトップ
世界の中心でアイを叫んだ青次郎
2007年 05月 22日 |
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』(エヴァンゲリオン しんげきじょうばん)は、2007年から2008年にかけて公開予定のアニメ映画シリーズ。
2007年2月17日、『エヴァ』生みの親である庵野秀明が“緊急声明”と称し、
製作にあたっての所信を表明(全文は外部リンク先を参照)。同時に作品公開スケジュールも公表された。
今作は「新世紀のヱヴァンゲリヲン」として、全く新しい結末が予定されている。
また、人造人間エヴァンゲリオンのカラーリングやデザイン、NERV(ネルフ)、ゼーレのマークもリニューアルされる。

b0098246_1212259.jpg


全国の主要な映画劇場において、庵野総監督による“所信表明”を書き記したポスターの掲示と共に特報映像(文字情報のみ)が上映開始。4月11日にはタイトルを『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE』とする事が発表された。「エ」を「ヱ」、「オ」を「ヲ」に変えているが、これはTV版エヴァンゲリオン企画当初にボツになった案を採用したものである





巨大ロボットは男のロマンです!青次郎です!

エヴァを知らない人は下のほうまで読み飛ばしちゃってください。

ってことで3ヵ月後に上記の新劇場版エヴァンゲリオンが公開されますねー。
今までのTV本編&劇場版はどっちもBADENDだったので今回は救われる終わり方になるといいですね!

b0098246_13104450.jpg


一応今までのおさらい。

「第弐拾四話 最後のシ者」の後に

TV本編「第弐拾伍話 終わる世界」「第弐拾六話 世界の中心でアイを叫んだけもの 」

某サイトより

紆余曲折はありながらも、弐拾四話までには襲来してくるすべての使徒を倒すことに成功する。ここでゼーレが目指していた「人類補完計画」が発動されるはずであったのだが、最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」では突然シンジ少年の内面の心理劇が展開される。

暗い部屋でシンジが自問自答し、登場人物とのやりとりが続く。

シンジ「逃げちゃダメだ!」

レイ「どうして逃げてはいけないの?」

シンジ「だって逃げ出したら誰も相手にしてくれないんだ! 僕を捨てないで。お願いだから、僕を捨てないで!」

 

シンジ「僕のことを好きな人なんかいないんだ。」

アスカ「シンジなんか大嫌い!」

レイ「嫌いよ」

トウジ「おまえなんか嫌いや」

シンジ「皆、僕のことが嫌いなんだ。」

 

ミサト「あなたのことをいたわり、理解できるのは、あなた自身しかいないのよ」

レイ「だから自分を大事にしなさい」

シンジ「そんなこといったって、自分がないんだ! わからないんだ! 大事にできるわけないよぉ!」

こんなやりとり延々と続く。そして場面は突然、ごく普通の家庭の朝の風景となる。母ユイが父ゲンドウに朝食を出している。シンジは幼なじみのアスカに起こされる。アスカ「いつまで寝ているの。もう学校へ行く時間よ。」シンジはアスカと学校に出かける。そして教室に行くと、転校生の綾波レイが入ってくる。色めきたつ男の子たち・・

 

シンジ「そうだ、これもひとつの『世界』。僕の中の可能性。今の僕が僕そのものではない。いろんな僕自身があり得るんだ。そうだ、エヴァのパイロットではない僕もあり得るんだ!」

シンジは今までの固定した自分ではなく、別の見方もできるのではないかと気づく。

シンジ「僕は僕であっていいんだ。僕はここにいたいんだ。」

シンジ「そうだ、僕はここにいていいんだ。」

シンジがそう叫んだ瞬間、これまでの登場人物がシンジをかこみ「おめでとう」と言いながら拍手をする。「僕はここにいていいんだ」とシンジが初めて自分の「居場所」を見出すところで物語はひとつの結末を迎える。いらいらするほどに成長感のないシンジではあったが、ここでやっとシンジは自分の過去を「補完」し、自立への一歩を踏み出す。


自分だけの世界閉じこもる

これでTV本編は終わり。

wikiより

THE END OF EVANGELION 劇場版 「第25話 Air」 「第26話 まごころを、君に」

第25話 Air/25': Love is Destructive

最後の使徒は死んだ。心の拠り所を失ったシンジはそれを同じEVAパイロットのアスカに求めようとするも、
心神喪失状態のアスカは彼の呼びかけに答えることはなかった。そしてシンジは固く心を閉ざしてしまう。
アダムより生まれし全ての使徒を倒し約束の時を迎えた人類。しかしゲンドウ率いるNERVはゼーレの
求める人類補完計画の遂行を拒絶し、別の形の人類の補完を目指したため、戦略自衛隊によるNERV侵攻を引き起こしてしまう。
初めは世界各地のMAGIを動員し、NERV本部のMAGIオリジナルを占拠しようとするも失敗。

すぐさまゼーレは戦自約一個師団を投入し本部施設の直接占拠を狙ってきた。
高度な使徒迎撃機能を要するNERV本部だが、人による攻撃に対しては脆弱であり、瞬く間にそこは戦場と化し職員らはほぼなすすべもなく虐殺されていく。
ただ戦場でうずくまっているだけのシンジに死の危険が迫った時、ミサトは自ら銃を持ち、命を賭してシンジを守る。
しかしそれでもEVAに乗ろうとしないシンジ。
一方その頃地底湖深部に固定されたEVA弐号機の中で胎児のようにうずくまっていたアスカにも死の危機が迫る。
その刹那、彼女は弐号機胎内に母を感じ、母がずっと自分と一緒にいたことを知り見事復活を果たす。
エヴァンゲリオンが出てきたのを受け、ゼーレはEVAシリーズ(量産機)9体全機を投入。
アスカは自らの生のため一人それらに立ち向かう。
シンジはミサトに連れられケージ前まで来るが、その際ミサトは銃弾を浴びてしまう。
死を目前にしてのミサトを前にして初めて自らの心情を吐露するシンジ。 そんな彼にミサトは父の形見のクロスを渡し、彼を送り出し、そして倒れた。
そのころレイを連れ地下最深部ターミナルドグマに向かったゲンドウ。そこにはリツコがいた。
リツコはゲンドウを撃ち、MAGIと心中しようとするも彼女の母に裏切られ失敗に終わる。
その彼女に向かいゲンドウは銃をあわせ、「赤木リツコ君、本当に・・・」と言葉を発す。
リツコはその言葉に対し、「嘘つき・・・」とだけつぶやき撃たれる。
地上では一人アスカが奮闘するも活動限界を前に最後、仕留められる。
それでもなお彼女は生きるために戦い続けようとするが、それを嘲笑うかのように、虚空へと手を伸ばし続ける弐号機に対して量産機は槍を放ち完全に活動を停止させる。
ミサトが死にアスカがやられてもEVAに乗ろうとしないシンジ。
そんな彼がEVAに乗り込んだのは母なる初号機が自らベークライトを破壊し、動きだしてからだった。
遂にパイロットを乗せ動きだし、十字の爆炎と共に地上に現れたEVA初号機。
だがそこでシンジが見たのは凌辱され、血肉滴るEVA弐号機の残骸。その時シンジの絶叫が辺りにこだました。


第26話 まごころを、君に/ONE MORE FINAL: I need you.

こだまするシンジの絶叫。それに呼応して月よりオリジナルのロンギヌスの槍が飛来し、初号機に突き刺さる。
時は満ち、ゼーレによる人類補完の遂行のための儀式が始まった。
上空に拘引された初号機からの反転したA.Tフィールドにより大爆発が起き、ジオフロントの真の正体、黒き月が姿を現す。
一方ターミナルドグマのゲンドウはアダムとリリスの禁じられた融合をもって、補完をなそうとしていたがレイの離反にあい、失敗に終わる。
レイはリリスと溶け合い巨大化し 、初号機の前に現れる。
その姿に畏怖するシンジだったがその中に渚カヲルのかげを見つけ、安らぎの笑みを浮かべたとき、初号機は生命の樹へと還元された。
知恵の実と生命の実を手に入れ、神と等しき存在となった初号機。人類の未来はシンジに託されたのだった。
シンジは自分の心の中で自らの願いを具現化していく。
小さい頃の思い出、アスカとのやり取り。その先にあったのは極大化されたデストルドー(死への本能)であり、
シンジの心の中のリビドー(生への本能)が消えたとき、世界は反A.Tフィールドにつつまれた。

全ての人間がL.C.Lに溶け、世界は自我境界を失った。ひとつとなった世界、しかしその中でシンジはそれを否定し他者の存在を望む。
たとえまたA.Tフィールド(=心の壁)がお互いを傷つけあうことになっても。そしてロンギヌスの槍は破壊され世界は再びA.Tフィールドを取り戻した。
宇宙の彼方へと消えていくエヴァンゲリオン、シンジは初号機の中の母との邂逅を果たしたのだった。赤いL.C.Lの海。その浜辺に横たわっているシンジとアスカ。
シンジは彼女の首を黙って絞める。それに対してアスカは彼の頬に手をやりそっとなで、シンジは首を絞める手を緩め嗚咽する。そしてアスカはただ一言、

「気持ち悪い」。


劇場版はこれが最後で終わるわけですけどやっぱりBADENDと思うんです。

なので新劇場版に期待ageとは思うのですが実際のとこサルファでエヴァってGOODEND迎えてるんじゃね?

新劇場版でもこの結末迎えさせればいいじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
サルファ未プレイの人は下のyoutubeを見てくれるとわかりやすいかも!


世界の中心でアイを叫んだけもの-1

世界の中心でアイを叫んだけもの-2


この後

・ゲンドウがプロトタイプエヴァ(オリジナル設定)を使って補完を進めようとする
・αの時点で死んだはずの渚カヲルが零号機に乗ってスポット参戦
・補完は失敗に終わってシンジは立ち直る
・ハッピーエンド

って流れになるわけで。

何にしても9月に期待ですね!

@サルファに触れたのでもう少し。サルファの何が一番おかしかったかって言えば

青き清淨なる世界のために

曉への脫出


キラ×アスラン×シンジwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

負債wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
[PR]
by compass21 | 2007-05-22 15:12 | 雑記 |
<< レッツゴー!青次郎 ページトップ ちゅるやさんはめがっさかわいいにょろ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Oborozakura Skin by Sun&Moon